欧州サッカーユニフォーム
スポンサードリンク

欧州サッカー移籍情報・観戦チケット、ユニフォームなどを。


サッカークラブワールドカップ2007浦和レッズ前日会見を行った

スポンサードリンク
afc チャンピョンズ リーグ王者の浦和レッズは9日、会見を行った。
そして、この会見でafc チャンピョンズ リーグ 王者がなめられた、浦和レッズのホルガーオジェック監督はイランのメディア達の挑発&侮辱を受けた。チームのキャプテンで浦和レッズ中心 人物の山田暢久とともに、満をじした臨んだ名古屋市内の会場で行われた記者会見。その場でイラン国営のメディアから「浦和はセパハンを恐れていると聞いたが本当か?浦和の強みはサポーターだけだと思いますが」っと挑発とも侮辱ともとれる発言で猛攻撃されたafc チャンピョンズ リーグ覇者、指揮官は「まったく恐れてはいない。リスペクトはしているが」
ときりかえして応戦したが、同メディア担当達はこう言った「もう少し上手に答えてください。サポーターから受ける力を抜きにして、サッカーの技術や戦術だけを見るとどう考えますか」と、まるでセパハンのサッカーの質と方がいいたげに、自信満々に遠まわしに返した、
浦和レッズ中心 人物の監督は「戦術は明日まで待ってください。試合を見れば自分で分かるでしょう」と必死に怒りを押し殺しながら答えた。一部からはafc チャンピョンズ リーグチャンピオンの浦和レッズはサッカーがおもしろくないと言われたいるが、afc チャンピョンズ リーグNO1のプライドがもちろんある、「j1リーグを逃したショック?体力的にも精神的にもよくなっている。マイナスな部分はない」と力強く強調したオジェック。白黒はグラウンドでつける、今夜それを証明するときだ。 

サッカー海外欧州日本&チャンピオンズリーグトップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。